せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

施設を借りる | 施設 | ギャラリー4200

展示方法について

 

壁面への展示について

ピクチャーレールワイヤーによる展示

壁面上部についているピクチャーレール(a)にフック(a)を取り付け、ワイヤー(b)を掛けることによって作品を吊り下げる事ができます。

ワイヤーフック
(a)ワイヤーフック
展示用ワイヤー
(b)展示用ワイヤー

ピンによる展示

ピンによって作品を固定する事ができます。但し、ピンによる穴の形状によっては、指定の補修剤を使用して穴埋めをして頂く場合がございます。

テープによる展示

粘着テープによる作品の固定は糊が残ったり、壁面のクロスが剥がれることがあるため、禁止しております。
但し、粘着力の弱いドラフティングテープやカーペット用両面テープ(強弱両面テープ)であればある程度使用できる場合がありますので、 職員へご相談ください。

非常扉付きの壁面(c)への展示

扉部分を避けての展示が可能です。
扉面に作品を飾る場合は、扉の開閉に支障のないようにピン等で展示することができます。
※但し、非常サインを隠したり、扉の開閉に少しでも支障があるような場合は、扉への展示はお断りします。

非常扉つき壁面
(c)非常扉つき壁面

ページトップへ

天井からの展示について

ルーバー(d)を使用しての展示

ルーバーと呼ばれる天井部にワイヤー等を巻きつけ作品を吊り下げることができます。
※耐過重はおよそ30キログラムまでとなります。

ルーバー接写
(d)ルーバー接写

ライティングレール用フックを使用しての展示

ライティングレール(e)に専用のフック(f)を取り付け、フックを利用し作品を固定することができます。
※耐過重はおよそ15キログラムまでとなります。
※なお、展示に使用するワイヤーや針金はご持参ください。

ライティングレール
(e)ライティングレール
ライティングレール用フック
(f)ライティングレール用フック

ページトップへ

床に作品を置く場合について

素置きによる展示

非常誘導灯(g)が埋め込まれている床が一部ございますので、そこを塞いでの展示はできません。

通路誘導灯
(g)通路誘導灯

台を使用しての展示

持ち込みの台や、会館備品である彫刻台・展示台等を用いて展示することができます。

テープを使用しての展示

粘着テープの使用は、糊が残ったり床面がはがれることがあるため、禁止しております。
但し、粘着力の弱いクロスカットテープやカーペット用両面テープ(強弱両面テープ)であればある程度使用できる場合がありますので、 職員へご相談ください。
※生け花等水物がある場合は、床との設置面にビニルシート等で養生して頂くことがあります。 (砂等細かいものや、床面になにかしらの影響がでる可能性のあるのものも同様です)

ページトップへ