せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

TALK 鴻池朋子「どうぶつのことば ~根源的暴力をこえて~」

 

TALK「どうぶつのことば  ~根源的暴力をこえて~」

出演者 鴻池朋子(美術家)

聞き手 長内綾子(キュレーター)

 

2017年2月5日(日)

17:00 ~19:00(開場16:30)

入場料:1000円 予約不要・先着順

仙台市営地下鉄東西線「国際センター駅」2 階

市民交流施設 青葉の風テラス

 

架空の動物や神話的界を表現し、心をとらえて離さないエネルギーに満ちた鴻池さんの作品は国内外で高い評価を得ています。

大震災の後、鴻池さんは制作できなくなりました。苦しみながらも山野を歩き野生動物の声に耳を澄まし、やがて生命の物語を縫合するような作品を生み出します。

その過程で、「人間がものをつくり生きていくということは、自然に背く行為であり根源的な暴力である」という思いに至ります。

仙台で初となるこのトークでは、わたしたちが失ったもの、奪っているもの、ものをつくるとは何か、ここからいかに再生するのか、鴻池さんの話を手がかりに問い直してみたいと思います。

 

--------------------

鴻池朋子(こうのいけともこ) http://tomoko-konoike.com/

1960年秋田市生まれ。東京藝術大学卒業後、雑貨おもちゃの仕事を経て1998年より人間の境界、現代の神話をトータルインスタレーションで表現。

民俗学、人類学、おとぎ話、考古学研究者らと対話を重ねた「どうぶつのことば」(羽鳥書店)を2016年に上梓。

主な美術館古典に2009年「インタートラベラー神話と遊ぶ人」東京オペラシティ(霧島アートの森 巡回)、2015年「根源的暴力」神奈川県民ホール(2016年群馬県立近代美術館、新潟県立万代島美術館 巡回)他。

2016年グループ展「Nous ぬう」金沢21世紀美術館、「Temporal Turn」スペンサー美術館(アメリカ)他。

東北では「東北開く神話」山 / 秋田)「物語るテーブルランナー」を進行中。

 

長内綾子(おさないあやこ)

1976年北海道生まれ。2004年、アーティストの岩井優らとSurvivart を

設立。国内外の展覧会でコーディネーター/キュレーターとして活動。2011年

11月より拠点を仙台へ移し、自宅の一軒家『全部・穴・会館<ホール>』で、イベントを行っている。 http://sendai.survivart.net/

 

--------------------

国際センター駅までのアクセス

参考URL  仙台国際センターウェブサイト http://www.aobayama.jp/access/

仙台駅より

地下鉄 ... 仙台市営地下鉄東西線 八木山動物公園行「国際センター駅」(所要時間5分)

タクシー ... 7分

自動車 ...7分(有料駐車場あり)

徒歩 ... 30分

--------------------

 

当イベントについてのお問い合わせ

book cafe 火星の庭(毎週火曜・水曜定休)

E-mail : kasei@cafe.email.ne.jp http://www.kaseinoniwa.com/

アートノードについてのお問い合わせ

せんだいメディアテーク 企画・活動支援室

TEL : 022-713-4483 / E-mail : artnode@smt.city.sendai.jp https://artnode.smt.jp/

--------------------

 

企画運営 book cafe 火星の庭

主催   せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

協力   羽鳥書店

 

--------------------

「アートノード」とは https://artnode.smt.jp

2016年度よりスタートした「せんだい・アート・ノード・プロジェクト」の

略称です。「優れたアーティストのユニークな視点と仕事」と、地域の「人材、

資源、課題」をつなぐ、せんだいメディアテークのプロジェクトです。以下

のアーティストが市内においてプロジェクトを展開します。

川俣正/ KOSUGE1-16 /スー・ハイドゥー/鈴木一郎太/伊達伸明