せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

仙台商人トーク 仙台商人水掛談義 〜 仙台という土地から生まれ出るもの 〜

 

 

仙台商人トーク

仙台商人水掛談義 〜 仙台という土地から生まれ出るもの 〜

 

ゲスト

後藤 宗平 株式会社 永楽園 代表取締役

濱口 竜平 プリンカンパニー代表・国際プリン協会会長

鈴木 愉々・橋本 帆南 東北生活文化大学高等学校

 

聞き手

スー・ハイドゥー (「仙台商人プロジェクト」アーティスト)

 

 

2017年2月11日 (土・祝)

13:30-15:00 (開場13:00)

入場無料 /定員 50名先着  要事前予約

※ただし当日空席があれば入場可

※プリンとお茶のスペースがあります。(協力:矢部園茶舗

 

 

会場

バーゼキャバレートクラブ

 (仙台市青葉区国分町2丁目10−14 エムロードビル2F)

※営業時間外に会場をお借りして開催するものです

 

 

土地のものを食べ、空気を吸い、そのまちの風景を毎日見る。

どこかの店で買い物をし、だれかと話す。

でもいちいちそこに“仙台”を意識することはない。

外来の人に仙台を語るとき、

ふと自分の中の“仙台”の影が薄いことに気づいたりする。

「仙台って何もないんですよ」なんて言ってみたりする。

でも、本当にそう思ってるわけじゃない。

震災後、そんなことも言っていられなくなった。

自分が暮らすまちとは自分にとって何か、自分の足は地に着いているのかを問われているような気がする。

ちょっと足を止めて、日々の暮らしにある“仙台”を見つめてみたい。

商売には、その地域が浸みだしてくる。

仙台商人たちや高校生と、濃い“仙台”を語り合いたい。

この冬、さまざまな仙台商人たちとの対話を重ねて来たアーティストのスー・ハイドゥーが、語らいのナビゲートを務める。

 

-------------------------

会場アクセス

●地下鉄 地下鉄南北線 勾当台公園駅から徒歩10分

             広瀬通り駅から徒歩10分      

●バス      仙台市営バス 「商工会議所前」下車 徒歩10分

●タクシー 仙台駅西口より約7分

 

 

-------------------------

 

申込先・お問合せ 

せんだいメディアテーク 企画・活動支援室

TEL : 022-713-4483 / E-mail: artnode@smt.city.sendai.jp

http://www.smt.jp/  https://artnode.smt.jp/

申込の際には ①参加イベント名 ②名前 ③電話番号 をお伝えください

 

申込の際いただいた個人情報は、当事業でのご連絡以外の目的に使用しません

 

-------------------------

仙台商人プロジェクト  

オーストラリア人のアーティスト、スー・ハイドゥーによるプロジェクト。「仙台商人」をキーワードとして、仙台の街の目には見えない人と人、時間と人、街と人との関係性の中から、仙台のアイデンティティを見出し、市民が再発見する場を創出します。このトークはプロジェクトの一環として開催します。コーディネーターにアート・プロデューサーで演出家の吉川由美氏を招き、展開していきます。

 

スー・ハイドゥー(Sue Hajdu) アーティスト

メルボルン生まれ。2001年からベトナム拠点、現在ニャチャン市居住。2005年に アーティスト・イニシアティブa little blah blahを立ち上げ、様々なプログラムを6年間実施。シドニー大学にて1991年日本学の学士号、2001年同大学院にて視覚芸術の修士号を取得。コミュニティーや人との繋がりに挑戦するスタイルのプロジェクトを行っている。代表作に、福島キャベツ(ベトナム、2012年)、デコトラヨイサー!(八戸ポータルミュージアムはっち、八戸市、2011年)、箱って?(一番町四丁目商店街、仙台、2008年)、Wishing You Great Pleasure (私的スペースでのプログラムと展示、バオロック市、2007年)、MAGMA | we're not counting sheep, Galerie Quynhと公共スペース、ホーチミン市、2006年)がある。キュレーター、写真家と文筆家としても活躍。

http://www.suehajdu.com

 

-------------------------

「アートノード」とは  https://artnode.smt.jp

2016年度よりスタートした「せんだい・アート・ノード・プロジェクト」の略称です。「優れたアーティストのユニークな視点と仕事」と、地域の「人材、資源、課題」をつなぐ、せんだいメディアテークのプロジェクトです。今後、以下のアーティストが市内においてプロジェクトを展開します。「TALK」もこの取り組みのひとつです。

川俣正/KOSUGE1-16/スー・ハイドゥー/鈴木一郎太/伊達伸明

 

-------------------------

企画 吉川由美(「仙台商人プロジェクト」 キュレーター)

主催 せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

協力 東北生活文化大学高等学校・株式会社アトワン

 

-------------------------

写真 大崎八幡神社外観の彫刻